選別や検閲の必要性すら感じることができないほど端的にココチヨイモノ

▼逆らおうと思って逆らえないもの、抗おうと思っても抗えないもの、は怖いと思う。だけど、逆らおうと思えないもの、抗おうと思えないもの、考える必要性すら認識できずに好意的に受け入れてしまうもの、のほうが、怖いのではないか、と最近は考えている。怖い、というか、むしろ意識しておかねばならないのではないか、と思ってしまう。
▼昨日考えていたことは、このあたりに影響を受けたのだと思った。