七転び八起きが理想的すぎて好きだ

▼振られて気持ちが落ちていたので書けなかった、と書いてしまおう。振られて落ちて書けなかった、という精神の動きを、好ましくないものだと現状では感じているようだ。だから、正直言って明確には書きたくなかった。知られたくなかった、と言ってもいい。脆弱の匂いがするからだろう。脆弱をさらしている、なんて感じてしまっているわけだ。恥ずかしいというよりは、明らかに「弱さを見せること」に拒否を感じてしまっているのがわかる。脆弱が嫌いなのだな、と改めて思った。脆弱はやっぱり嫌いだな、とも、改めて思った。さらに言うなら、嫌いだ、と言い続ける(思い続けること)ことに意味があるとか私は思っているのだと思う。改善や克服や強化に繋がる道がそのあたりにあるのではにあるのだろう、なんてたぶん推測している。
▼おのれの記憶が持つ信憑性なんてわりと疑わしいものだ、とか思っていたりはするのだけど、とりあえずそれを無視して判断してみるのなら、振られて気持ちがこんなに落ちたのは初めてではないだろうか、とは思える。が、理由は明確ではない。いまいちはっきりしない。区別しきれない、とも言える。のだけど、いちおういくつか「最低限の事実だけは押さえた仮説」なんかを立ててはいる。もともと妙な憂鬱を抱えていたときに重なって起こったから大きく落ちた、という可能性と、単にいままでにないほど好きだという気持ちが大きかったからこそ大きく落ちた、という可能性を、考えていたりはする。が、判別はできない。どちらもありうるし、どちらともなのかもしれない、とも思う。
▼ただ、ここまで明確に「失敗してしまった! もう嫌だ! うわー!」なんて無念と悔悟を感じさせられた状況というのは、実は初めてかもしれないな、とは思った。失敗、という言葉が持ちうる「真剣な意味」を初めて理解したんじゃなかろうか、なんてことすら思った。失敗というものを初めて体験したのかもしれない、なんてことすら思った。わりと手抜きでこのあたりまでやってきてしまったからだろうな、と思う――やってこれてしまったからだろう。最初から手を抜いていればたとえ失敗したとしても慰めになるからさほど痛くない理論、というやつである。なので、失敗ってここまで自分の価値を信じられなくなるものなのかあ、なんて思った。結構びっくりした。
▼というような描写ができる程度には復帰した。復帰した、と言えると思う。現状は、まあ悪くないな、なんて、いろいろなものに向かってちゃんと笑えるようになった。時おりは、妙な落胆や後悔が再発して、まだぶりかえすかなあ俺は、なんて苦笑したくなるときもありますが。まあまだ諦めてはいません。いないのだけど、恋に恋してるだけ、なんて形で、ただ「諦めないこと」に盲目的な正しさを見てるだけな気もするので、思案中なところもあります。ちゃんと自分の気持ちと相談していかないとなあ、と思った。