何かができるから何ができるだろう

▼焼肉を食べながら相談を聞いていた。相談ができるってわりと素敵だ、と思う。当然だけど、すべてが解決するような最善策を提示できるわけではなくて、だから、残念や無念を覚えることも少なくはない。けれど、何もできないというわけではないし、だから、何かをすればいいんだろう。何かはできる――と思えるはずだ。なぜだか意識はそういう風にできている。後悔は必要なく、挽回を模索し、けれど、もし後悔が潤いになるなら、決して悪くはないのだろう。批難はできない。批難できないのは潤いを求めてしまう気持ちがわかるからだ。強くなれよな、と言えるために、強くなりたいぜ、とは時おり思ってしまう。流れで歌を唄いに行って、はしゃいだ。誤魔化せたとは思えない。けれど、些細なことでも何かが起こせたのなら、まあアリかな、と思う。甘いね、と思う。酔い潰れた。