考えすぎず、ちゃんと動くこと

▼結果が綺麗に判別できないうちから成功か失敗かうだうだ考えてしまうこと、は、実際かなり多くて、たぶんそれだ。比較的『考えすぎは良くない』とか言われる。たぶん行動が疎かになってしまうからだろう。動くこと。右手を動かそうと思うのではなく右手を動かすこと。世界を変えるにはそれをしなければならない。というような観念がたぶん存在しているのだろう。明らかだと思える。迷うことなく明らかだと思えてしまう。なんていうあたりで違和感を覚えた。なぜ明らかだと思ってしまうんだろうか。▼意外なほど会議は好きだったりする。たぶん意見を摺りあわせるのが好きなんだろう。単体思考にはやはり限界を感じるからだ。無駄と感じる会議を経験したことがほとんどない。というのは僥倖なのだと思う。▼誰もが自信たっぷりに見えてしまう時期というのはありうる。いまだ確たる自信を持ちきれてはいない。納得のいくほどの結果を出せていないし、何より、怠惰に流されているのを知っているからだ。簡単に言えば『懸けきれていないことを知っているから信頼しきれない』のだ。だから『自信』って言うんだよな、と改めて思った。おのれを信じられること。おのれを誇りに思えること。志さねば、と考えてしまった。帰り際は寒くて、いろいろと考えてしまう。でもまあ考えすぎず、ちゃんと動くこと。