世界が愛するということ、の形

▼疑問が湧いてみた。思考放棄していたようだからだ。▼世界に愛されている、というのはそもそも『何』なんだろうか。どういった現象を『世界に愛されている』と呼べばいいのだろうか。驚くような『幸運』に見舞われていればそれが愛なのだろうか。適切な『試練』を与えられることだって愛なんじゃないだろうか。世界の愛、という言葉によってどういう『形』の『愛』で想像するか――想像できるか――想像してしまうか。という違いは、実はかなり重要なのではないか、と思える。世界観にかかわる、と感じるからだ。