たくさんの時間とたくさんの意見

▼経験と歴史によって練磨されてきていること、や、複数の意見を並列させて平衡を保とうとしていること、を、前述した『境界線』を見極めるための最初の『鍵』として思いついてみた。綺麗な解答になりうるか、閃きに繋げられるか、何処が否定できるか、を検証してみたいと思う。▼おのれの判断基準、というものに対しても多少の疑念を差し挟んでおくべきなのだろうな、とも思った。というかなんで『自分のものかどうか』ということをそんなに気にしてんの? というレイヤーでの疑問も持っておくべきなのだろう、とか考えてみたのだった。あえて意識して考えておかないとほとんど気にしないで通り過ぎてしまうところだからだ。▼結局『俺は何を信じればいいんだ』的な話かよ、と思った。