踊らされないために、踊り慣れた踊りを踊るの?

▼無根拠な『誰かの価値基準』に踊らされないために、きちんと『自分の価値基準』で判断しようと心掛けてみたわけだけど、自分の価値基準、の源流は、やはり、誰かの価値基準、にあるはずなのだ。なのに『自分の価値基準』を信頼していていいのかなあ、なんて疑惑が湧いてしまったわけである。境界線をはっきりさせてみよう、と思った。確かに源流は『誰かの価値基準』にあるのだとしても、単なる『誰かの価値基準』とは違うところがやはりあって、だからいちおうは信頼することが可能なのである、と判断できるような境地に立ってみたい、と思ったからだ。境界線をはっきりさせることで、信頼するための根拠を得ることができるのではないか、とか判断してみたわけである。思考開始だ。