美意識はどれだけ自分のものか

▼浅薄な常識や短絡な忠告に惑わされないために、いつしか『美しさ』を『おのれ』に即した判断基準として扱うようになっていた。のだけど、実は結構迷っていたりもする。美しいと認識できるかどうか、も、常識や忠告と同じようなものなのではないか、とはやはり思えるからだ。慣れてしまっただけなんじゃないか、と思ってしまうのだ。聞かされ続けて内面化されていれば受け入れられるんかい、みたいなことを思ってしまうのである。