学問は概念にびっくりできるから好き

▼最近は『内面化』という言葉が好きだ。認識したし学習した。俗に言う『学問』という活動が好きなのは、学問が発見してくれる新たな『概念』に対して『驚き』を感じることができるからなのだと思う。世界の持っているこんな構造まで人間は認識できるんだ、ということに対して、ひどく単純に『びっくりする』ことができるのだ。びっくりすることは楽しい。大切なのはこれなのかもしれない、とも思う。びっくりを楽しめるかどうか。