ひさしぶりに貴女に出逢えたことを

▼綺麗な声だなあ、なんて思える瞬間が人生には時おりあって、けれど、嫌いな人間に対してはほとんど思えたことがない。綺麗な声の人間は嫌いになることができない、か、嫌いな人間の声には意識を向けることができない、か、好きな相手の声は綺麗だと認識してしまう、の、いずれかなのだと思う。同時進行なのかもしれない、なんて考えてみたりもした。綺麗な声だなあ、と思える気持ちと、この人が好きだ、と思える気持ちは、同時に現れるものなんじゃないか、なんて考えてみたのである。並列進行、なんて表現が思い浮かんだりもした。▼混雑と多忙に満ち溢れていた。想定外だった。ひさしぶりだなあ、と思う。と同時に、燃えるぜ、とか思ってしまった。続けて、駄目だなあ、とか考える。やはり燃えてしまう、なんて考えてしまったのだった。おのれの『制御できていなさ』が明らかだったからだ。▼おのれの頑張りが誰かを助けている、という認識はひどく甘美なもので、甘美な認識に対する防壁は死ぬほど脆弱だった。ということが、びっくりするほどあっさり理解できたのだった。間違いなく脆かった。防御する気がないぜ、とすら思ってしまった。誠実な『美しさ』を感じさせるせいで『防御しよう』と意識することすらできないもの、こそが、最も危険なものなのではないだろうか、なんて最近は時おり考える。