目的を持っていない人間などいない

▼義務概念すべてに関わる問題かどうかまだ確信が持てていないのだけど、すべきだ、という言葉は『同じ目的』を共有している相手にしか通じないものだ、と思っている。あるいはせめて『似た目的』を持っている必要があるのだろう、とも思っている。だから、誰に対しても通用するような普遍的な『すべき』なんてものは存在しないのだろう、なんて判断していたりもする。誰もが『同じ目的を持っている』わけではないからだ。けれど同時に、忘れてはいけないこともあって、それは、いずれにせよ『目的』を持っていない人間なんていない、ということなんだと思う。義務概念の核はこのあたりかなあ、と思う。