図書館内乱(有川浩)

《★★★★》

図書館内乱

図書館内乱

「俺に負けを認めさせたかったら正論でやってみろ」
 もはや小牧にすら自分の声が耳に届かない。
「俺は正論以外には絶対に屈服しない」
 融通の利かない正論はずっとそのためだ。
 懸命に慕って追いかけてこようとする小さなあの子のために、小牧は誰にも恥じることのない正論を守らねばならなかったのだ。

▼最高点が付けられない。なぜなら、絶対おもしろくなるぜ、というところで引いているからだ。おそらく次回こそ最高点を付けたくなるだろう、という心地好い推測が、思わず最高点付与を邪魔するのであった。小牧教官が好きだ。柴崎麻子が好きだ。と以前から判断していた。だから、楽しめないはずがなかった。手塚の変化も、堂上の心情も、物凄くわくわくする。最近結構前向きになっている。のは、この物語のおかげだと思う。