期待していいのかどうかわからない

▼期待ってやつが実は無茶苦茶難しいよなあ、と最近は考えることが多くなった。単純に言ってしまうなら、他人に期待してもいいのかどうかがわからない、のだ。迷いを覚えてしまっている。順当に考えたら『してもいい』のだろうけど、数ある期待の中には『してはならないと感じてしまう種類の期待』もあると判断していて――逆に言えば『してもいいと感じられる種類の期待』があるとも判断していて、にもかかわらず、両者の境界線がいまいち明確に把握できていない、というわけだ。混乱中だ、なんて言ってもいい。▼期待なんてするもんじゃないのかもな、とは、かなり以前から考えるようになった。経験から学んだのである。勝手な期待で落胆するのってなんか卑怯だよな、と思うようになってしまったからだ。ゆえに、勝手な期待はできる限り避けるようになった。のだけど――だからといって、極端に走りたいわけでもないのである。だから俺は君たちにまったく期待しない――別に君たちが何をしようと知ったことではない、なんて思ってしまうことも可能ならば避けたいのである。適切な期待を見つけてみたい、とか思っているのだった。