最寄りのブックオフ

図書館内乱

図書館内乱

▼読む機会だったのだろうな、と思っている。読んでみようかな、という気持ちと、おもしろかったぜ、という声が、きちんと相乗効果を発揮してくれた時には、なるたけ素直に従うようにしているのだった。好きなのは小牧幹久と柴崎麻子かなあ、と思う。