重みづけのアップデート

▼人間は大切だと感じているものをすべて意識できているわけではない、というのが経験則である。きちんと意識できていないまま大切に思っているものがあるのである、なんて判断しているわけだ。言い換えれば、改めて見つめなおさなければ気づかない――改めて眺めなおさなければ気づけない『大切さ』があるはずだ、とか思っているのだった。▼おのれを『元気づけよう』とすると『大切なもの』が絡んでくるな、と判断している。無論経験則だ。だから『大切なもの』をきちんと掴んでいる必要がある。きちんと掴んでいないとうまく元気づけることができないからだ。なので認識を改訂しよう、と思った。▼時間の経過とともに『大切なもの』は複雑化していく、というのも経験則だ。単純な愛や義を信じられる時期は終わってしまった、ということなんだと思う。世界はおおむね単純ではないからだ。複雑な現実に対しても適用できるだけの『複雑』な愛や義が必要になってしまった、ということなんだろう、なんて思っているのだった。