駄目な子をあえて引き合いに出すのは卑怯だ

▼論理で世界すべてを記述できる、とは言わない。無限に記述を続ければ論理で世界を表現できる、という理屈はおおむね反則だからだ。ただ、論理的な正しさと現実的な正しさが見比べられる時、論理的な正しさ、の代表として何故か『単純すぎる論理』が挙げられがちなのに納得いかないものを感じてしまったのだった。単純は論理の本質ではない。