平気な虚飾

▼所詮『平気なフリ』は『平気なフリ』でしかない。つまり、全然平気ではない。単なる装飾に過ぎない。胸中に動揺が存在していることには気づいていた。いつだって大切なものは失うまでわからない、なんて言葉を『例外なき真実』として信じるつもりは微塵もないのだけど、失って初めて大切だったとわかる、というような状況は確かにありうるだろうと考えている。意識や思考は意外に不明瞭なものだ。だから、事後的に認識されることがある。事後的に創造されることもある。事後的に捏造されることだってある。いずれにせよ、存在を認めなければならない。真摯に見つめなければならない。開幕の鍵がそこにあるからだ。▼ねばならない、とか軽々しく言いすぎだと思った。