任務は、不調を悟られないこと

▼調子が悪い、と診断した瞬間に思い浮かんでしまったのは『なら本日の任務は誰にも不調を悟られないことだな』というような思考であった。悪くはないな、と思った。が、素敵でもないぜ、とも思った。無理してみせることは別に美徳などではないのだ、とは、以前よりはちゃんと『思えるように』なった。ほかの人間の『無理』をきっちり反面教師にしてきたからだ。無論『頑張り』を『大切なものだ』とはっきり認定してはいるし、無理せざるを得ない状況がありうることも理解してはいるのだが、同時に、無理の必要ない状況だって間違いなくありうるはずだろう、と思えるようになったのである。単純に『無理をすればいい』というものではない――むやみやたらに『無理』を選ぶことが理想の世界を現出してくれるというわけではない、のだ。でもって思った。おのれの『無理したがる傾向』を安易に許容しちゃうから、他人の『大丈夫です』が信用できなくなるんだ。