正直俺にはすげえ難しいんだけど、あなたならきっと簡単でしょう?

▼文章の背後に間違いなくあるであろうはずの執筆者の人生――つまり、思考や主義や傾向や人格や生活。というようなものに思考を馳せさせるのは、思いのほか難しい。改めて意識せねば認識することすらできなかったりする。経験から言えば、物凄く単純に『文章が言っていること』を汲み取ることすら難しかったりするのだと思う。読み流して読みたいように読んでしまう。というような状況に陥っていることに時おり気づくからだ。考慮しておかねばな、と思っている。気をつけないとすぐに忘れてしまうのだ。▼おのれに対して、気をつけないとすぐに忘れてしまうな、と判断しているような要素について、ほかの人はきっと問題なくできているのだろう、なんて想像してしまうことは、有益なのだろうか、とふと考えてみた。自分が簡単にできているからほかの人も簡単にできているだろう、と思うこともあるし、自分には難しいことだけどほかの人は簡単にできているのだろう、と思うこともある。無論逆だってある。というような問題は『どのあたり』を選べば最適なバランスになるのだろうか、なんて考えてみたのだった。