前提になってしまっている、のと、前提にする、のと

▼世界や人間というのは当然美しいものである、という認識を自明のものにしてしまうような『盲信』は好きではない。価値などないのではないか、とすら思っている。換言するなら『前提になってしまっている』のは嫌なのだ。けれど、世界や人間というのは美しいものである、と信じることには、価値があるだろう、と思っている。換言するならば『前提にする』のは好きなのだ。決意と覚悟の話だからだ。志の問題だからだ。