まとまる気配もまとめる気配もない文章

▼前日の文章を読み返しながら考えていた。いずれにせよ『実感のぎりぎりのところ』を掴もうとしているなあ、とは感じた。連想も錯覚も逃さないようにしている。綱渡りのような緊張があって、わかりやすさを追求する余裕なんてないとか考えちゃってるな、とも思った。思いながらも、結局、どうにかして『ほぐそうとしている』ところが、なかなか偉いぞ俺、なんて思ったりもした。ただ、ほぐせてはいないように思う。要精進だ。とにかく無理矢理にでも前進しようとして、ところかまわず楔を打ち込もうとしている、という印象。連想も錯覚も逃さず捉えようとしているのはそのためだろう、なんて感じた。とりあえずは打ち込んだ楔を足場にしながら少しずつ考えていこう、と思った。