欲するのは、解決策を提示し実践できるような知性

▼いわゆる『知性』というものを、おのれも含む『誰か』が「困ったなあ」とか「いやだなあ」とか思わず呟いてしまったときに、こうすればいいんじゃないかな、という案や策を提示し、と同時に、最善と思える案や策をきちんと実践できるだけの勇敢さや柔軟さを有していること、と定義したい。現実的でない机上の空論や視野の狭い硬直した思考を排除したいからだ。▼定義して。知性が欲しい、と考えていた。世界を良くする力があるに違いない、と判断しているからだ。信じられるからだ。世界を良くする、というのは、理想を実現化する、と言い換えられる。無論、独善的な理想であることは理解している。だから、無理矢理には進めない。ゆっくりと、折り合わせながら、進めていく。人はわかりあえる、なんて無謀を断言することなんてできない。確証など得られない。でも、理想を独善的でなく実現しようと希望するなら、人はわかりあえる、という無謀を信じる必要があって、言い換えればそれは、諦めない、ということなのだろう、と思っている。