言葉で串刺しにしてこじ開ける

▼前項。あまりにもまとまらなかったので言葉で串刺しにしてみることによって思考を無理矢理こじ開けながら積み上げていった文章である、と認識している。▼だから、最初に創造される観念に『いま』が含まれていなかったり、最後に構築される観念に『構築』が採用されているのには、意識的な判断が含まれている。だから、という表現が適切化どうかは微妙だが。▼やはり言葉と思考の関係はいいなあ、と思った。響き合うからだ。この切磋琢磨具合が最強に素敵だ。言葉と思考についてはもっと突き詰めていこう、と思う。