かすかにはできた。けれどまだまだ続けるべきなのだろう

▼以前想像できなかった教師の気持ちを想像できるようになったくらいで安心しちゃいけないぜ、と思った。いまだ想像できていない人間の気持ちがまだまだたくさんあるはずだからだ。おのれと同等の『人間』として、おのれと同等の『心を持つ存在』として、おのれと同等の『これまでの人生を背負った者』として、視野に入れることのできていない人間が、まだまだたくさんいるはずだ、と思えたからだ。▼汝隣人を愛せよ、という言葉で考えてしまうのは要するにこんなようなことだったりする。隣人について考えられる限りのことをきちんと考えること。無論、完璧には行かないかもしれない。というか、いくわけがない。のだけど、だからといって諦めずにできる限り考えようとすること。あなたに対して手を抜かない、ということ。このあたりに『愛』を定義したくなるのである。