参考情報として人様の判断を置いておくところ

▼実際の状態をほとんど知らないのに賢愚を知っているかのような態度を取ってしまっていることがあるなあ、と改めて認識したのだった。これあんまり必要ないよな、という判断を下して反省してみたわけである。と同時に、根拠の曖昧な噂話を真実のように捉えてしまっていることに改めて呆れを感じてみたりもした。無論、人様の判断を『参考用の情報』として記憶しておくことが悪いことだと思っているわけではない。比較的時間の節約になるし、客観性の源泉にもなるだろうからだ。が、効率を重視するあまり判断を誤ってしまうなら世話はあるまい。効率を良くしつつも精度は下げずにおく、ということを誠実に追求しておかないとなあ、とか思ったわけである。人様の判断を聞いてそれを脳内に置いておく――という状況における『置く位置』を見直したほうがいいかも、と思った。俗な言葉で言うなら、話半分に聞いておけ、ということでもあるのだろう。だがそれは、雑に記憶しろ、ではない。考慮すべきはこのあたりのバランスなのだろう、と考えている。