あなたの主観を語って欲しい

▼優劣や善悪や美醜というのは所詮主観的な問題であり、客観的に言えばどちらが良いとかいうことはない。なんてことは、おおむねわかっている。だから別に聞きたくない、とは別に思わない。ゆえにどうでもいい、と思ったりもしない。比較的重要な認識なのだろう、とは思っているのだ。が、なんにせよ『すでにわかっていること』ではあるので、できれば『であるにもかかわらずあなたは主観的にどう感じてしまっているのか』が訊きたい。聞きたいなあ、と思ってしまうのである。なんてことを、人の話を聞いているとき稀に考えてしまうのだった。要するに、もっと自分語りをして欲しい、ということだ。