問題は、簡単に心は変わらない、ということにある

▼なにからだって幸せを感じられるし、なにからだって不幸を感じられる。なんだって心持ち次第で価値や意味が変わってしまう。あるものごとが明るく見えるのは、あなたの心が明るいからだし、あるものごとが暗く見えるのは、あなたの心が暗いからだ。▼なんていうことは常に前提化せねばならない判断なんじゃないか、と思えたりする。これまで経験してきた幸せや不幸をどれだけ解体してみても、その前提をともなわない幸せや不幸があるようには思えなかったからだ。言い換えるなら、これまでに感じたどんな幸せと快感も、これまでに覚えたどんな不幸と不快も、おのれの心の状態と無関係だとは全然思えなかった、ということである。▼対象の人間がどんな精神状態を持ってしまっているか、ということに、おそらく『幸福感』というものは強い影響を受けてしまう。だから、幸福に関係した問題の肝は、おおむね、心の形を明るいものに変貌させられるかどうか――けど心の形なんて通常はすぐには変えられない、というところにあるんだろう、と思う。