元バイト先の本屋

さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

▼思いのほか好きになっていた、というのが正直なところだろう。いつから好きになったのか、いまいちはっきりしないのだ。雰囲気に推されたようにも思う。現状では『古典部シリーズ』の『氷果』と『愚者のエンドロール』および『小市民シリーズ』の『春季限定いちごタルト事件』しか読んだことがない。が、間違いなくおもしろいものだった。結局のところ、前述した小説のおもしろさがあったから好きになれたんだろう、とは思う。