なぜか肯定しようと企んでしまう

▼きっと人間はどこかしらから肯定されたことがなければ肯定的な自己認識と世界認識を持つ余裕を持てないのだろう、と数日前に考えた。自分が好きだ――世界が好きだ――なぜか肯定できている、と以前に考えたこともある。これらの情報から、こいつは『自分に対する肯定』を感じている人間なんだな、と結論することは当然できるだろうと思う。実際、間違いなくそうだと言える。▼思考実験を繰り返していて、我がことながら不思議に思ってしまうくらいなのである。なんなんだこいつの根拠不明な自信は――と。無論時には暗い気分に陥ってしまうことだってあって、常日頃から自信に満ち溢れているというわけでは決してない。のだけど、なんだか知らないが、折れないもの――諦めないもの、が確実にあるのだ。あってしまう、なんて言ってもいい。単なる癖なのかも、と思ったりもした。暗い気持ちが発生すると同時に対策班が出動して気持ちを明るくするべく手段を講じる癖がついてしまった、なんてところなのかもしれないな、と思ったのである。