手段は結びつきが薄く思える。目的は結びつきが濃く思える

▼ある人が誰かに優しくしているのを見た時、これは手段だ、なんてもし言われたりしたら、要するに目的を達成できるほかの手段があるなら別に『優しくすること』を選ぶ必要はないって考えているんだね、なんて判断する。言い換えれば、あなたの性格と『優しくすること』の結びつきは薄いらしい、と判断する。薄い程度で済むのは、暫定的な計略として『優しくすること』を選択できるくらいの結びつきはあるようだ、とは考えられるように思うからだ。▼ある人が誰かに優しくしているのを見た時、これは目的だ、なんてもし言われたりしたら、要するにあなたは『誰かに優しくすること』で満足を覚えられる人間なんだな、なんて判断する。言い換えれば、あなたの性格と『優しくすること』の結びつきはなかなか濃いようだ、と判断する。こうやって『優しくすること』ができるのならばそれ以上のことは望まないぜ、というような匂いを感じるからだ。▼誤認、嘘、勘違いの可能性は無論ありうるだろう。だから、これは手段だ――これは目的だ、という発言を鵜呑みにするのは危険である、とは考えている。だがそんなのは所詮、盲信しないようにしよう、という対策を練っておくだけで対処できる些細な問題じゃないか、なんてことも考える。▼手段と目的の違いについて、引き続き思考していたのだった。数日前の思考を改めてうまく整理できるか、ということをちょっと試してみた。目的には懸命や必死を感じるが、手段には懸命や必死を感じない、ということを軸に整理し直してみたつもりだ。