些細なマイナスを引き受けて、重要なマイナスを打ち破ること

▼卑怯なんて些細なものだ。世界を肯定できる幸せな人間が増えるほうが余程大切だ。と思ってしまう。前者の印象なんて所詮『ちょっと醜くなった自分』に過ぎなくて、後者の印象は実際のところ『暗澹たる世界が見えてしまう』感じだからだろう。顔が泥で少しだけ汚れるのと、泥棒に自分の家を荒らされるのでは、後者のほうが重大だ、という話。泥で汚れるのを引き受けるだけで泥棒を退治できるというならそりゃするさ、という話。