きっと素敵なものに拒絶されてしまうかもしれないこと

▼起床後すぐに『大神』を始めたりはしなかった。おもしろそう、という期待がおおきすぎたからだろう。漠然とした期待が明確なものになってしまうのが怖かったのだ。思ったほどではなかったな、なんて感じて落胆してしまうことを怖れていたわけではない。胸に抱えている心地の好い『わくわく』が別の形になってしまう、のが、もったいなかっただけだ。▼思い立って、異動前の勤務先にちょっとばかり顔を出してみた。最近、あそこで勤務していた頃に作ったデータを持って帰らねばなるまい、なんて考えさせられる機会が多かったからだ。緊張した。おそらく親近感みたいなものを抱えてしまっていたからだろう。親近感みたいなものを抱えてしまっていたから、もしかしたら拒絶されてしまうかもしれない、と怖れてしまっていたのだ。▼おもしろそうなものが『本当におもしろいかどうか』不安になってしまうこと。楽しかった場所が『変わらず楽しい場所かどうか』不安になってしまうこと。酷似した感情だよなあ、と思う。おおきな期待を感じさせるだけの情報が事前にあって、はっきりさせるときにどうしても感じてしまう不安、だ。保持すべきところなのか排除すべきところなのか改良すべきところなのか、は、思案中だ。