好きな文章

▼賢明な視野で行動を淡々と記述しているだけの文章、と、しなやかな感受性で捉えられた世界を綺麗に描写している文書、が好きだ。憧れている、とはっきり言える。おのれの趣味や癖を意識的に排除しなければ書けない文章だなあ、とか思っているからだ。邪魔をしているのは、ロジック大好き趣味、だったりするのだと思う。論理が好き過ぎて文章を書き始めるとなんであれ過程まできっちりくっきり記述してしまいたくなる性癖が障害になってしまうのだ、なんて言ってもいい。前述した二種類の文章では、過程まで踏み込みすぎないこと、と、論理を重視せずに描いてみせること、が重要だからだ。