ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]

 絶望が大好きだ。たぶん『絶望を想像してみせることによってやっと見えるようになる希望』が好きなんだろう。失ってしまうまで大切なものだと気づくことができない、というような構造が人間にはあるように思える。なくしてしまうことでようやく大切だったものに気づくことができる、という状態が人生にはあるように思える。あんまり遭遇したくない構造と状態だ、と考えてもいる。だから、事前に喪失を予感させ、想像させ、思考させてくれる『絶望的な物語』が好きなんだと思う。語られた物語の絶望が、現実的な犠牲をともなうことなく、大切なものに気づかせてくれる、からだ。要するに、絶望をあからさまに語る物語、は、私にとって、希望があるところを教えてくれる物語、と等価なのである。普段の『ワンピース』の雰囲気からは想像できないほどに暗かった。思わず『少女革命ウテナ』を連想してしまった。素敵な演出だったと思う。リィンカーネーション。