ヴぁんぷ!3(成田良悟)P.224

ヴぁんぷ!〈3〉 (電撃文庫)

ヴぁんぷ!〈3〉 (電撃文庫)

《90点》

「まったくよ……。あの馬鹿兄貴が、『頼む』だってよ」
 心底愉快そうに呟きながら、男は次々と銃声の無い弾丸を発射する。
 軽い風切り音と共に、飛び出した蝙蝠達は次々と群衆の首筋へと噛み付いていった。
「それによ……『なるべく』って事はよ……もしも怪我させたら、『俺の実力では、怪我させざるを得ませんでした』って言うようなもんだしなぁぁぁぁぁ」