疑念なき信念などない

 疑念なき信念などない、という言葉を聞いたことがある。かなりの衝撃と影響を受けた言葉だ、と言っていいだろう。信念というものに対しては今でもその言葉を基準に考えることが多いからだ。つまり、衝撃的すぎて信念を考えるときの『思考の背景』になってしまった、というわけだ。盲信は信念にはなりえない、と考えてしまうことが多いのは、そういった背景を持ってしまっているからなのだろうな、とたまに思う。心を揺るがすほど毅然とした疑念を乗り越えて、なお、しかし私はそれを信じて生きていくのだ、と決意できたものだけが、信念と呼ぶに値するのだ、なんて考えてしまっているのだ。疑念なき信仰である盲信が、そういった背景のもとで、信念と呼ばれるはずもないよな、と思う。