固定された観念を打ち砕いて欲しい

 おのれの思い込みが粉々に打ち砕かれて新たな境地が目の前に広がる、という状態に貪欲な好意を寄せている人は良いよなあ、と不意に思う。というか、私が『賢い』と思う人間には、この種の発言を行う人が多い気がする。賢さを獲得するためには自分の固定観念が粉砕されて気持ち良さを感じた経験がないと駄目なのかな、あるいは、賢さを獲得するためには自分の固定観念が粉砕されることに気持ち良さを感じられる感性がなければ駄目なのかな、なんて妄想する。読書の目的がそれである、という人も多い。私もそうだ。