文章は他者の眼を意識して書くもの、と他者だから言うよ

 文章は他者の眼を意識しなければ駄目だ、とはよく言われる。賛同する。誰かに対して言うなら、私も無論『他者』だからだ。それはつまり、もしも私にわからないものを書くなら私はそれを判断できない、から、私の判断を求めるなら私にわかるように書け、という要請だからだ。私にとって価値のあるもの、について語ろうとするときに、私が価値を判断できないものを書いてもいい、なんて言えるわけがない。無論それは、正しい、ということではない。最近の私が『文章を書くこと』に対する考え方を変えたのは、単に『満足する位置』が変わったからであって、それが『正しいから』では決してないのだ。