想像力でイレギュラーを潰していく

 とはいえ、私がマイナス印象をまったく感じていない言葉があって、だからそういった意図を持たずにその言葉を使用したのだとしても、読み手がマイナス印象を感じている言葉だったからそこにマイナス印象を感じられてしまう、ということは当然あるだろう。できればそういったイレギュラーも防止していきたい、とは思う。その諦めの悪さがつまりは知性なのだ、とか漠然と考えているからだ。けれど無論、限界もある。それも理解しているつもりだ。諦めの悪さ、っていうのは、何もできないわけじゃないんだからやれるところまではやっとこうか、のことだ。まあこのへんが対話の基礎命題かな、と考える。