地元のガード下書店

最遊記外伝 (02) (ZERO-SUM COMICS)

最遊記外伝 (02) (ZERO-SUM COMICS)

▼明らかに世界は楽しいことばかりではなく、絶望的な悲哀も致命的な災禍も間違いなくあって、だけどそれをあまり認めたがらない、というような性質が人間にはあるように思える。が、それを描いてみせて、なめんなそれでも笑ってやんよ、と世界に対して喧嘩を売ってみせるのが、峰倉かずや氏の漫画なのだと思っている。本編『最遊記』の過去の物語だ。新装版。発売されたことはひどく嬉しかった。しかし、新装化は嬉しくなかった。