紀伊国屋

愛と哀しみのエスパーマン (富士見ファンタジア文庫)

愛と哀しみのエスパーマン (富士見ファンタジア文庫)

▼言語センスが好みだ、と秋田禎信氏に対してはずっと思っている。言葉の使用傾向がかなり好きなのだ。秋田節、などと言われているのを見ることもある。から、特徴的なのは間違いないようだ、と判断している。今回の作品は単発作品である。連載されていたのは知っていた。読みたいと思っていた。もったいないのでとっておいた、というところ。