言葉は所詮想起させるもの

 たとえば『痛み』も『哀しさ』も、言葉通りの感覚があるわけではない。そういった言葉を連想させる『混沌とした衝動』みたいなものが胸の内で蠢いているだけだ。さらに言うなら『小学生』だとか『デジタル』だとか『騒がしい』だとかだって、言葉通りのものが存在しているというわけではない。それらの言葉を想起させる『複雑な世界と境界』がおのれの目や耳によって知覚できている、というだけのことだ。