人生のプロフェッショナル

 人生のプロフェッショナル、なんて表現を聞いて、おのれが直観的にイメージしてしまうもの。それが理想的なものなのは、定義上おそらく間違いないだろう、と思う。がゆえに、ならばそれを目指すべきなのだろう、と考えた。目指してやるぜ、と考えてもみた。