元勤務先最寄りの書店

100人の森博嗣 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

100人の森博嗣 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

▼文庫化されるのを待っていた。できるだけ文庫化を待つほうだ。講談社文庫の『森博嗣のミステリィ工作室』の続編のような作品、だと言える。過去に発表されたエッセイなどが収録されている。いくつかは読んだことがあった。特に私は『自作小説のあとがき』を楽しみにしていた。Vシリーズのあとがきが読んでみたかったからだ。最終巻を読んだばかりだったからだろうな、と思う。Vシリーズについて書かれた文章が最も楽しめる状況だった、と言っていい。このタイミングで発売したことに巧妙を感じてしまった。