ポケモン不思議のダンジョン(最初のポケモン)

 質問に答えることで主人公の種類が決まるようだった。こういう質問には、かなり素直に答えて、しかも運命には逆らわない、という策を採用することにしている。結果、ぬまうおポケモンのミズゴロウになった。本編三作目の主役級ポケモンの一匹だ。思い入れはほとんどない。が、この選択がいずれは思い入れになっていくのだろうな、と考える。続いてパートナーポケモンを選択する場面へ移行した。フシギダネ、を選ぶ。強い理由はなかった。強いて言うなら、かつて初代『ポケットモンスター緑』をやったときに選択したのがフシギダネだったから、だろう。そんなような思い入れがあったのだ、と言える。