近所の本屋

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

▼ついに発売した。ついに完結した。昨年末に発売予定だったことが嘘のようだな、と思う。発売しないのではないか、と想像したこともあった。が、杞憂だったわけだ、と今なら言える。著書を読んでいると思考が活性化されて気持ちがいい、という観点から『好きだ』と言える小説家が数名いる。西尾維新氏はその一人だ。読み始めようとして、心が物凄く真剣な表情を浮かべているのがわかった。読めることがそれだけ嬉しかったのだ。