戯言

 煎じ詰めれば、どんな言葉も、その言葉によって想起されるもの、を想起させるための誘惑の言葉でしかない、というようなことを私は考えているようだった。つまり私は、言葉に対して、そういう感触を感じているのだろう。言葉はすべては戯言だ、という認識。