安易な理想で満足しない強さ

 妥協して理想を高みに置かない弱さ、について考えてみた。人間には想像力がある。ゆえに、自分の『理想的な姿』を想像することができるはずだ、と思う。が、その理想的な姿が理想の『最高値』であることは少ないだろうな、と思う。あなたの想像力はあなたが今考えている理想よりもさらに『理想的な姿』を想像できるはずだ、と言いたくなることが多いからだ。つまり、妥協してるな、と感じることが多いからだ。さらなる理想的な姿が想像できるならその境地を目標に掲げよう、と私は考えている。そういった覚悟に『強さ』の片鱗を感じるからだ。わかんねー奴にはわかってもらわなくてもかまわんね、という台詞を吐くのは『理想的な姿』か、と問われたなら、そんなわけないね、と私は答えると思う。さらなる『理想的な姿』を想像することができるからだ。具体的に言うなら、もしも『わかんねー奴』がいたとしても、わかってもらえるよう創意工夫して、少しずつでも何かを変えていこう、と考えるほうが、理想的な姿だ、と思えるからだ。