勤務先近くののフックオフ

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

▼こういったタイトルに対する偏見をまだ少し持っているようだ、と自覚する。サルでもわかる、とか、三日で儲かる、とかが、つまらない書物を見分けるポイントだ、というような認識を持ってしまっているのである。浅薄な経験則だな、と戒めておこう。無論、そうでないことだってたくさんあるからだ。評価が高い。仕事術に最近は興味がある。

ヴぁんぷ!〈3〉 (電撃文庫)

ヴぁんぷ!〈3〉 (電撃文庫)

▼実は2巻をまだ買っていない。最近発売したばかりだったから、とりあえず確保しておこうかな、というような感覚を覚えて購入した。さらに言うなら『バウワウ』もまだ読み終えていないのだよな。しかし子爵は良いキャラクターだ、と思う。成田良悟作品を見回せば、なんだかんだで一番好きかもしれない。ジェントルに憧れているからだろうか。

終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

▼新シリーズだと気づいたので買った。川上稔氏の小説はおもしろいようだ。ということは前から認識していた。が、著書がシリーズものだった(都市シリーズ)せいで、積極的に手を出す気が起こらなかったのだ。いちおう『風水街都 香港』までは読んでいた。続きを買うのをためらっていたらいつの間にか追いつかなくなった、という状態だった。