朽ちる散る落ちる(森博嗣)

朽ちる散る落ちる (講談社文庫)

朽ちる散る落ちる (講談社文庫)

P.205

 涙が出そうな気がしたので、彼女はそれを防ごうとした。
 ゆっくりと呼吸を一度。
 視点を自分の目から離し、自分の背中を見た。
 もう少し上昇して、この場所を鳥瞰する。
 男と女がテーブルを挟んで座っている情景を見た。
 涙は出なかった、と報告が入る。
 また、溜息。
 もう大丈夫だと判断し、視点を戻して彼の目を見た。